看護師 年収1000万

年収1000万円というのは、5、6年前には可能だった

看護師で年収1000万円というのは、5、6年前には可能だったのですが、現在ではなかなか難しいようです。

 

看護師の収入は、病院の規模や業種によっても違ってきますが、主任看護師や看護師長レベルでも、年収600万円から700万円が多いようです。

 

一般的な女性の平均年収は平成20年で、271万円で、それに比べると、看護師の年収は473万円と高くはなっていますが、看護師の仕事は、肉体的・精神的にもハードなうえ、知識・技術の習得もしていかなくてはいけませんので、それを考えると、高いとは言えない年収かもしれません。

 

ただ、年収1000万円にいかなくても、もっと収入アップを考える方も多いと思います。

 

キャリアップすることによって、年収が上がることもありますので、転職するのも一つの方法です。