看護師 夜勤バイト

シングルマザー看護師の可能な働き方

まずシングルマザー場合は、自分が働いている間、安心して子ども預ける先があるかどうか、ということが大事になってきます。

 

院内保育園がある病院であれば、送迎の時間もほとんどなく、一緒に出勤、登園して、一緒に帰れるメリットがあります。

 

そして、何よりも保育料が安く、これは本当に助かることです。

 

病児保育もしていれば、なお安心して働けます。

 

また、家族寮など完備している病院もあるので、住まいにも困らない環境になると、仕事がしやすくなりますよね。

 

子どもさんの年齢にもよりますが、お子さんがとても小さい場合は、夜勤専従も一つの方法です。

 

預けられるお子さんが寝ている間に仕事が出来るので、日中は、十分お子さんと関わっていくことが出来ます。

 

ただでさえ、子育て中は疲れるので、夜勤が難しい場合は、日勤常勤という方法もあります。

 

年収はちょっと下がってしまいますが、一般的なサラリーマンのような勤務時間で動くことで、お子さんも安定したリズムの中で育てることが出来ます。

 

土日休みの希望もきいてもらえる職場もあります。

 

看護師といっても、仕事場は病院勤務から、施設勤務、企業の医務室、健康センターなど、様々な場があります。

 

自分の生活に合った職場を見つけていけると良いですよね。

 

子育て中は、予期せぬ病気や怪我があったり、保育園や小学校に入れば、行事もあります。

 

生活の世話メインだった子育ても学校の勉強などの準備、サポートが入ってくるとそれなりに忙しくなってきます。

 

子育てに理解のある、ママさんナースの多い職場であると、それはまた大きな心強い味方を得られます。

 

自分よりも大変な境遇の中、子育てしながら働いている看護師さんと出会えるかもしれませんよ。